読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パッキーの日記

芸能やらガジェットやら、いろいろについて語る日記のなのだ。

リオ五輪、メダルラッシュはすごいと思うけど

イベント

リオデジャネイロでのオリンピック、日本勢が続々とメダルを獲って、盛り上がっています。

それに水を差すわけではないのです。

私だって、日本人選手の活躍は嬉しいです。

 

傍観者から見れば、

「一服の清涼剤」

「明日のための活力」

ともなるでしょう。

 

しかし、当の本人達は、競技に人生を賭けていると言ってもいい。

貴重な人生の時間と、体力・知力・労力、その全てを賭けている。

 

「我が人生に悔いなし」

と人前で宣言するのは簡単です。が、

 

一人静かに省みた時、

「私の人生、これで良かったのかな・・・」

そんな思いに、必ずなるはずです。

 

近い過去にも、先例は沢山ありました。

 

水泳の平泳ぎで、中学生にして金メダルを獲った岩崎恭子選手は、インタビューでは、

「今まで生きてきた中で、一番幸せ」

と答えていました。

その通り、幸せの絶頂はその時で、その後は期待されるつつも成果は振るわず、若くして引退しています。

 

「こんなことなら金メダルなんて取らなければよかった」

と、後に答えています。

大きくは報道されませんが、それが本音でしょう。

 

「チョー気持ちいい」

と言っていた北島康介選手も、今は気持ちいいわけないですね。

 

 

今大会で、腰痛になってまでも、銅メダルを獲った女子重量挙げの選手。

注目されるのは、この一瞬なのに、

一生つきまとう恐れがある腰の痛みがあっても、競技を続けることにこだわった。

 

 

メダルが取れるかどうか、分からない競技で、メダルを取れれば賞賛されるし、

「金メダルが当然」と思われた女子レスリングの吉田沙保里選手は、

「銀メダルでごめんなさい」

と述べなければならない。

 

金メダルが撮れるのは、1人だけ。

 

「2位じゃダメなんですか?」

と言った政治家もありました。

 

比較相対の世界で、優劣を競う、それに人生の全てを賭けているから、不安・不満。

そして後悔しか残らない。

 

 

人生を賭けて悔いないのは、

他人や、過去の自分などとの比較で喜ぶ「相対的な幸福」でなく、

誰と比べなくても喜べる「絶対的な幸福」でなければならないのです。

f:id:wonder1ace:20160819203957j:image 

「成功」って何?

事件

クリスティーナ・キンブリーさんが、銃で撃たれてなくなりました。

 

ツイッターでアピールし、歌手のオーディション番組で

若者中心に人気が高まっていた、アメリカの20代前半の女性歌手です。

 

「有名になりたい。芸能活動をして自分の歌声で人の心を動かしたい」

その夢をかなえようとして、SNSを始めた時には、

名声も無く不安はあったけれど、将来に希望はあったでしょう。

 

順調にSNSでの反応もあり、応援のコメントに背中をおされて、

オーディション番組に出演し、ステージの中央でスポットライトを浴びました。

「自分は、このために生きている」

生きている喜びを、一瞬は感じたでしょう。

 

しかし、昨日、ライブ後にファンのサインに応じている時に

銃撃されてなくなりました。

 

彼女にとって、SNSで好評を得たり、テレビ番組で人気が高まったことは、

幸福だったのでしょうか、不幸だったのでしょうか?

 

人気が出なければ、容疑者に知られることもなく、銃撃もされなかったでしょう。

 

願いが叶うのが幸福なのか、不幸なのか。

 

「どう生きる」と「なぜ生きる」が改めて考えさせられます。

 

演習場

ニュース
やまとくん、自衛隊の演習場で見つかりましたね。
一安心です。

それにしても、小さな子供1人で6日間、よく生きていたものです。

相当たくましい子なのかも。

人間ドック

日常のひとコマ
 今日は、人間ドックでした。半日ですけどね。

昨日の夕食は軽めに、朝食は抜きだったので、検査の後のお弁当が美味しい。

f:id:wonder1ace:20160422113845j:image

会社の制度として、健康診断があります。
早期発見早期治療がよしとされていますが、
必ずしもそればっかりではない、と最近勉強しています。

兎にも角にも、健康は大事ですね。

熊本地震に想う

事件

 熊本・大分での大きな地震、被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

未だに、揺れが続く中、また、天候も荒れると予想され、

不安な日々が続くことかと思うと、察するに余りあります。

 

 今回の地震は、震源が移動しながら、激しい揺れが続いています。

この先も、被害は増えるかもしれません。

 

 今回、被災された皆さんも、おそらく、東日本や阪神淡路の震災の際には、

私と同じように、災害にあわれた方々をお見舞いされたことと思います。

 

 それを思うと、この文章を書いている私も、いつ何時、災害に会うかもしれません。

 

「諸行無常」と説かれたお釈迦様の教え、また、

「火宅無常」と仰有った親鸞聖人のお言葉が身にしみます。

 

 今回の地震では、多くの建物が倒壊しました。

 

倒壊したり、傾いた建物の中には、事前の調査で

「耐震性に問題あり」

と分かっていたものも多くあった、と報道されていました。

 

「予算等の都合で、耐震工事ができなかった」

と聞くと、

「なぜ、事前に対策しないの?」

という気持ちになります。

 

耐震対策さえしておけば、家を失ったり、怪我をしたり、

さらには、命を失うことも、なかったかもしれません。

 

この報道を受けて、今後一層、自宅や公共施設での耐震化が進められるでしょう。

地震保険に入ったり、災害用非常用品を準備したり、

家族と打ち合わせておくことも必要でしょう。

いざというときに、助け合える人間関係を周りの人と作っておくことも。

 

そういったことは、もちろん大事です。

不要だとは思いませんし、自分なりの備えも進めます。

 

 

ですが・・・・・・

 

 

 

一生のうちに、遭うか遇わないか分からない、災害への備えは急ぐのに、

 

なぜ、必ずやってくる、「死」への備えは真剣にしようとしないのか?

 

 

 

ということです。

 

 

お釈迦様は、最大の無常である「死」を超えた

本当の幸福があることを、教えられました。

 

 

日本で、仏教の真髄を教えられた親鸞聖人は、

 

火宅、

「すべての人の実相は、出火した家に住んでいるようなもの」

 

と言われ、

 

無碍の一道 

「何物もさわりとならない、本当の幸福になれる」

 

と説かれました。

 

 

元気で無事な時にこそ、聞き求めならなければならないのが、

本当の「仏教」なのです。

 

 

親鸞聖人を学ぶ

親鸞聖人を学ぶ

 

 

 

 

 

 

自然
f:id:wonder1ace:20160317204738j:image

梅の花、もう当たり前に咲いていますね。

f:id:wonder1ace:20160317204844j:image

次は桜の季節ですね。

ボート

自然

蒲郡に行ってきました
f:id:wonder1ace:20160225194837j:image

駅前には「ボート」?

f:id:wonder1ace:20160225194806j:image

ヨット?

ニッポンチャレンジの軌跡。
f:id:wonder1ace:20160225195103j:image
おしゃれな喫茶店もありました。

f:id:wonder1ace:20160225195128j:image