パッキーの日記

芸能やらガジェットやら、いろいろについて語る日記のなのだ。

カズオ・イシグロ

 2017年のノーベル文学賞、受賞おめでとうございます。

こちらが、長編の代表作です。

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

 

村上春樹さんは、受賞を逃しましたが、
また、来年、期待しましょう。

 

なんか


f:id:wonder1ace:20170620215424j:image

 このブログ、 体調が悪い時ばっかり書いてる感じですね。 

 今日はダウンです。 

上石津緑の村公園 春まつり

岐阜県 大垣市 上石津町にある 緑の村公園は、 思いっきり自然を満喫できるところです。 

 今年は、 次女と あまごつかみ大会に参加しました。 


f:id:wonder1ace:20170503183629j:image

 

 初日の5月3日 、 あまごつかみ大会の整理券は10時からの配布でした。 その、20分ぐらい前には到着したのですが、すでに長蛇の列ができていました。

 
f:id:wonder1ace:20170503183857j:image

 先着100名の、整理券配布は、あっという間に終了してしまいました。 たったの100円で参加できるし、参加賞ももらいます。 

残りの日程も、多数の参加希望者があると思うので、 早めに会場に 到着する ことをおすすめします。 

金正男 暗殺

金正男が、「毒針」で暗殺されたそうですね。

 

金正恩の指示でしょうね。

 

二人組の女かぁ。

 

権力者は怖いですね。

 

 

怖いというと、日常にも恐怖は潜んでいます。

 

健康や美容のために飲んでいる「サプリメント」。

 

実は・・・

 99.9%が添加物からできたサプリがある。

 中国の人毛が原料のサプリがある。

 1万円で売られているサプリメントの原価が数百円!

 パッケージに書かれた成分配合量が、実際は違うことがけっこうある。

 製造工場の人が「うちの工場ではそのサプリは誰も飲みません」と言う。

 “ドクターズサプリ”に、ドクターが絡んでいない・・・

 

「日本一真面目にサプリに取り組む男」が暴露しています。

こちら(↓)をクリックして、みてください。

安心で健康な毎日を送るために

清水富美加

ショッキングな芸能界の引退。

その裏にある「宗教」。

 

苦しみの根本原因を取り除くのが、本当の宗教です。

 

「お金がない」

「自由が無い」

「自分のやりたいことができない」

 

それらも、もちろん苦しみですが、「苦悩の根源」でしょうか?

 

お金があっても=>大富豪のビルゲイツでも。

自由があっても=>自由の国、アメリカでも。

自分のやりたい放題やった=>豊臣秀吉でも。

 

苦しみの根源が、取り除かれただろうか?

 

清水富美加 Popping Time [DVD]

清水富美加 Popping Time [DVD]

 

 

「人が死なない」ということ

しばらくぶりです、パッキーです。

 

この前の投稿の答えです。

wonder1ace.hatenadiary.jp

 

まずは、おさらい。

 

人は、必ず死ぬ。

これは、否定できない事実です。

少なくとも、肉体的・物質的には、絶対に死にます。

なのに、なぜ一生懸命生きるのか?

そこに疑問をもたないのか?

 

ということでした。

 

 

答えは、「死ぬと思っていない」から。

 

生まれたからには「死ぬ」のは間違いない。

しかし、自分が死ぬとは、思っていない

 

この「思っていない」というのが曲者です。

「思っていない」というのは、感情です。

 

理性では「死ぬ」と理解していても、

感情では「死ぬ」と思えない。

特に、「自分」は死ぬと思えません。

 

「人間は考える葦である」

とは言われ、そこが他の動物と違うところですが、

所詮は動物なので、根本的には感情が優先されます。

 

人間の本性は煩悩。

煩悩は、欲や怒りやねたみ・そねみ等ですが、

煩悩の代表は「欲」といえます。

 

「欲」は、今よりも、もっともっと欲しい、という心です。

たとえ、当初思っていたものが手に入っても、

もっと欲しいという心が出てきます。

手に入れば入るほど、渇望感が出てきます。

 

欲には、これっぽっちも「死ぬ」という考えはありません。

 

欲でできている人間は、毛頭、死ぬとは思えないのです。

 

理性では、死ぬことが分かっているつもりの人間が、

感情では、死ぬと思っていない。

 

いつまでも生きられると思う人間は、

永遠に欲を満たそうと懸命に生きます。

 

実際には欲を満たしきれずに死んでいくのですが。

 

懸命に生きることに疑問を感じることはあっても、一時のこと。

 

死ぬつもりの無い人間が、必ず死ぬという矛盾を抱えながら、生きているのです。

 

 

人間の本当は姿は、煩悩であることを認め、

煩悩のあるままで、この世から本当の幸福になれる道を

教えられたのが仏教です。